神奈川県横浜市中区山下町112-5
日絹(にっけん)パークビル1F
TEL:045-671-1630
FAX:045-671-1630

横浜市中区山下町/元町歯科クリニック/予防歯科,審美歯科,歯周病

Google


WWWを検索
motomachi-dc.comを検索

QRコード

病院検索・医院検索 MyClinic-マイクリニック-

健康salad

歯チャンネル88

トップページ»  診療案内

診療案内

一般歯科(虫歯、義歯)

一般歯科(虫歯、義歯)

通常、皆様が歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を「一般歯科」と考えていただいて良いと思います。

いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、元町歯科クリニックでは悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者様のお口の健康に努め、ご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指しております。

予防歯科

予防歯科

元町歯科クリニックでは予防歯科を大切にしております。
虫歯や歯周病により痛くなってからでは、治療を開始しなくてはいけません。どれ程よい治療を施すよりも、虫歯や歯周病によって大切な歯を削らないほうがよいのです。
歯を失わずにいつまでもお口の健康を保つためには『早期発見・早期治療』が何より重要です。

各種の説明用ツールをご用意しておりますので、予防の為にどのようなことが必要かご説明いたします。

詳しくは予防歯科をクリック

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、見た目にも美しい口元を実現する、総合的な歯科医療のことを言います。
また、歯並びや歯の色にコンプレックスを持っている方に自信を持って素敵な笑顔になっていただく治療でもあります。

元町歯科クリニックでは、ホワイトニングや白い詰め物、かぶせ物など豊富に対応しております。
ぜひ、一度ご相談ください。

詳しくは審美歯科をクリック

無痛治療

*表面麻酔法 甘いイチゴの香り

*表面麻酔法 甘いイチゴの香り

表面麻酔は治療のはじめに行う麻酔注射針の刺入痛を最小限にするための塗り薬です。
その痛みを少しでも緩和させるために元町歯科クリニックではすべてのケースで表面麻酔をしてから局所麻酔をおこなっています。
十分にその効果を得るために5分間以上時間をおき局所麻酔をおこなっています。

*コンピュター制御コードレス電動注射器 オーラスター

*コンピュター制御コードレス電動注射器 オーラスター

もっとも細い注射針を使用することができ、コンピューター制御なので麻酔注入時の痛みが最小限ですみます。
また麻酔液の量も通常の麻酔注射器の半分の量ですみますので安全です。

*エルビウムヤグレーザー

*エルビウムヤグレーザー

無痛で処置でき、治療効果の高い高度最新医療機器です。

歯周病

歯周病1

歯周病2

歯周病は歯を支えてる骨や歯ぐきが、ばい菌の感染に侵され骨がやせてゆき、歯がぐらぐらしてきて遂には歯が抜けてしまう病気です。
虫歯やかみ合わせ歯ぎしりやくいしばりといったことも歯周病を大きく進行させる原因になります。ですから歯周病治療には総合的な対応が必要になってきます。

元町歯科クリニックでは、歯周病の程度、状態のわかる歯周診断書、虫歯診断書を発行し、位相差顕微鏡により歯周病菌・虫歯菌をお見せしています。いかに細菌を退治するかが治療の重要ポイントになります。今後どのように治療・予防をしていくかしっかりとご説明いたします。

詳しくは歯周病をクリック

ホワイトニング

*表面麻酔法 甘いイチゴの香り

米国で最も人気のあるホワイトニングのNITEホワイト・エクセルによるホームホワイトニングと当院で行うオフィスホワイトニングを行っております。

詳しくはホワイトニングをクリック

【ホームホワイトニングの手順】

  • ホームホワイトニングの手順1
  • ホームホワイトニングの手順2
  • ホームホワイトニングの手順3
  • ホームホワイトニングの手順4
  • ホームホワイトニングの手順5
  • ホームホワイトニングの手順6
  • ホームホワイトニングの手順7

レーザー治療

エルビウムヤグレーザーを使用した歯科治療は、麻酔が必要なく、治りが早いのが特徴です。その他にも、歯肉の黒ずみを治したり、歯肉の腫れをおさえたり、口内炎の痛みをおさえるなどいろいろな治療に使えます。
※クリックすると大きくなります。

  • レーザー治療1
  • レーザー治療2
    レーザー治療って?どんな治療に使うの?
  • レーザー治療3
    左 臨床例:歯周病
    右 臨床例:虫歯治療
  • レーザー治療4
    左 臨床例:歯肉の黒ずみを消す
    右 臨床例:口内炎・口角炎

歯科用エルビウムヤグレーザーのQ&A

エルビウムヤグレーザーはフルに使えて患者様にやさしい安心なレーザーです。

Q1. エルビウムヤグレーザーとは?
イットリウム(Y)アルミニウム(A)からなるガーネット(G)構造の媒質に原子番号68の希土類元素の一つであるエルビウム(Er)を混ぜたものを活性物質とした固体レーザーの一種で、共振器の中で外部エネルギーを加えて光を発生させます。
波長が2.94μmで、非常に水に吸収されやすい特性をもち、エネルギーの大部分が組織の表層で吸収され、深部への影響がほとんどありません。熱の拡散がほとんどない組織表面吸収型レーザーですので周囲組織の熱変性も最小限に抑えられ、炭化層もほとんどできません。

Q2. 他の種類のレーザーとどこが違うの?
軟組織の治療だけでなく、歯や歯石など硬組織の切削も可能です。水に吸収されやすい特性を活かして水分の多いう蝕部分を蒸散し効率的に除去できます。
エネルギーは組織の表層で吸収され、熱の拡散がほとんどないため、術後の疼痛も少なく、治癒も速やかです。注水による冷却効果で組織の温度上昇が抑えられるため、熱の蓄積もほとんどなく、周囲組織へのダメージが少ないと言えます。

Q3. どうして歯が削れるの?
水によく吸収されるエルビウムヤグレーザーの特性により歯質に含まれる水分やアパタイトの水分(水酸基)が急激に気化し、その爆発力でアパタイトが破砕されるためと考えられています。
健全歯質よりも脱灰の進んだ感染歯質(水分を多く含む)の方が蒸散効率は高いため、う蝕部分を効率的に除去できると言われています。

Q4. なぜ、痛みが少ないの?
レーザー光はパルス発振(フリーランニングパルス波)により断続的に照射され、照射域を同軸注水で冷却するため、熱の蓄積が少なく痛みを最小限に抑えることができます。これによりエルビウムヤグレーザーは、最も痛みが少ないレーザーと言われています。
硬組織に使用した場合は、注水により歯髄への熱影響がほとんどなく、エアタービンのような振動もないため、痛みを最小限に抑えることができます。

Q5. どんなメリットがあるの?
*硬組織、軟組織を問わず、幅広い治療に対応できます。
痛みが少なく、不快な音や振動がほとんどないため、患者様にストレスを与えません。
*ほとんどの治療が無麻酔または少量の麻酔で行えるため、安心して治療ができます。
*周囲組織への熱影響が非常に少ないため、低侵襲で人にやさしい治療を実現します。
術後の疼痛が少なく治癒も速やかです。
*ほとんどの切開創に対して縫合の必要がありません。
*殺菌作用があり、予後も良好です。

Q6. どんな症例に使えるの?
硬組織、軟組織を問わず、ほとんどの症例に応用できます。
*う蝕治療(歯頚部う蝕、乳歯のう蝕治療など)
*歯周病治療(歯石除去、ポケット洗浄、歯周膿瘍など)
*外科的処置(歯肉除去、小帯切除など)
*インプラント治療(インプラント体周囲の歯肉切除やメンテナンス)
*審美歯科(メラニン色素除去、金属色素除去)
*知覚過敏症
*口内炎や口角炎の治療など

小児歯科

「子どもの歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子どもの歯が健康か、正しい治療がされているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。
子どもの歯は生え変わるので、治療しないでよいと考えるのは間違いです。

お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。
当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。
恐がることはなく、安心して治療を受けに来てください。

お子様が歯医者さんで治療を受けるのは、自然にできるようになるものではありません。
また、年齢が上がってきたからできるようになるものでもありません。
習いごとと同じく、経験を積み重ねていき少しずつできるようになるものです。歯医者さんを嫌いになったり苦手になると、治療がスムーズに進まないだけでなく、ゆくゆくは将来の歯の健康にも影響してしまいます。
そうならないためにも、お子さんと身近にいる皆さん一緒に、お子様が歯の治療を受けられる環境を整えていきましょう

(1)受診は午前中がおすすめ
小児歯科でも、幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、体調の良い午前中に受診することをおすすめしています。

(2)嘘はつかない
なるべく嘘をついて連れてこないようにしてください。かえって嫌がる原因になります。
その分、治療の後は、たくさん褒めてあげてください。

(3)身軽な服装で
幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をかくこともあるので、治療中はTシャツなど身軽な服装でご来院ください。
Tシャツなど身軽でゆったりとした服装でご来院ください。

(4)リラックスさせましょう
待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、治療前にできるだけリラックスさせるようにしてあげてください。